院長による定期的な症例紹介

DSC_3820.JPG

DSC_3822.JPG DSC_3824.JPG
この患者様は、左の下に歯がないことと、全体的な虫歯の治療を主訴に来院されました。

DSC_7744.JPG

DSC_7747s.JPG DSC_7748.JPG
左の下にインプラントが入ったので、いよいよ右上と前歯の治療に移ります。

DSC_7685b.JPG DSC_7319.JPG
前歯の虫歯を治した写真です。
右の前歯をオールセラミック、左の前歯を白い詰め物(ダイレクトボンディング)で治しました。

DSC_0102.JPG

DSC_0105.JPG DSC_0107.JPG
全体的にセラミックの被せ物や、白い詰め物(ダイレクトボンディング)で治しました。
患者様からは「どんどん歯が治っていき、通うのが楽しくなっていきました。頑張って治療して良かったです!」と、とても喜んでいただきました。
 

トップページへ

DSC_2447.JPG ➡ DSC_8952.JPG
この患者様は、上の前歯の歯並びの改善と、銀歯を白くすることを希望されて、当医院に来院されました。
患者様とのカウンセリングの結果、矯正治療では歯を抜かずに上顎だけ歯並びを改善することにしました。
また、銀歯の治療は、矯正の針金のかからない歯は事前に治療し、針金のかかる歯はひとまず仮歯にしておき、矯正治療が終わった後に被せていくことになりました。

DSC_2451.JPG ➡ DSC_8964.JPG
今回の矯正治療では、歯を抜くことなく治療を進めることができたので、通常の半分の治療期間で終わることが出来ました。
その後は、針金のかかっていた歯の虫歯治療を終え、全ての歯の審美治療が終わったので、定期検診に移りました。

DSC_2453.JPG ➡ DSC_8966.JPG  
現在は、定期検診に通っていただき、衛生士によるプロフェッショナルクリーニングを3ヶ月に1度受けて頂いています。
先日、患者様から「笑顔に自信が持てるようになった」とお褒めの言葉を頂きました。
矯正治療は、針金が入るため見た目を気にされる患者様もいられますが、今では白い針金や、透明なマウスピースを使った治療方法もあり、場合によっては歯を抜かずに治療できることもあります。
ですので、矯正治療の良さをもっと知っていただくためにも、これからもこのブログに矯正治療を併用した審美治療を報告していこうと思っています。
 

トップページへ

DSC_2479.JPG ➡ DSC_0316.JPG
この患者様は、以前行った矯正治療の影響で、ほぼ全ての歯が虫歯になってしまいました。
今回は、装置が全て取れたこともあり、思い切って全体的に治そうと思って当医院に来院されました。
患者様との相談の結果、上下の前歯は被せることなく、白い詰め物(ダイレクトボンディング)で治療し、奥歯は必要に応じてセラミックの詰め物や被せ物で治療していくことにしました。

DSC_2484.JPG ➡ DSC_0322.JPG
患者様は、治療が進むにつれて、日に日に歯がきれいになり、口元の印象が大きく変わっていきました。
それと同時に、表情がどんどん明るくなっていくのがわかりました。

DSC_2487.JPG ➡ DSC_0324.JPG  
そして、治療が終わった日に、最高の笑顔で帰って行かれたことが、いまでもとても印象に残っています。
今回の症例で、矯正治療中の患者様へのブラッシング指導や、クリーニングの重要性と、それを行う歯科衛生士さんのレベルアップを痛感させられました。当医院では複数の衛生士さんが活躍していますので、絶対にこのようなことがないように、明日からも衛生士さんとともにセミナーや学会に参加して、全てにおいて向上していこうと思いました。
 

トップページへ

DSC_3448.JPG

DSC_3450.JPG   DSC_3451.JPG
この患者様は、片方の奥歯が上の歯がなく、もう片方は下の歯が咬むと痛いため、食事がうまく取れないことと、全体的に白い歯で綺麗にしていきたいことを主訴に来院されました。

DSC_2493.JPG

DSC_2498.JPG   DSC_2499.JPG
まず、左上と右下の奥にインプラントを埋入しました。
そして、インプラントと骨が結合するのを待っている間に、銀歯をセラミックの歯に治していきました。
前歯は、インプラントが入って、奥歯でしっかり咬めるようになってから治していきます。

DSC_0368.JPG

DSC_0371.JPG   DSC_0372.JPG
左右の奥歯にインプラントが入ったので、前歯を治しました。
患者様には「食事もとれるし、人前でも歯を出して笑える」と喜んでいただけました。
 

トップページへ

DSC_8721.JPG
この患者様は、前歯の隙間を気にされて来院されました。
患者様とのカウンセリングでは、まず第一に矯正治療を勧めさせていただきましたが、患者さんに時間の余裕がなく、今年の11月までに治療を終わらせてほしいとのことでしたので、今回はできるだけ歯を削らないラミネートべニアで対処していくことにしました。

DSC_9042.JPG
この写真は、ラミネートべニアを被せる前の、歯の削合が終わったところです。
歯の表側は少し削りましたが、裏側は研磨を行った程度です。

DSC_9450.JPG
ラミネートべニアが入った写真です。
相談を除いた治療回数は3回で済みました。
予定していた11月より大幅に早く歯が治ったので、患者様には大変喜んでいただけました。
そしてまた、私達もラミネートべニアの治療効果をより一層感じた症例でした。
 

トップページへ
1  2  3  4  5  6  7

松年歯科クリニック医療メニュー

治療のご紹介

院長による定期的な治療紹介

松年歯科クリニック関連サイト