保険診療と自費診療の違いについて

 

健康保険が適応されている保険診療では、治療にかかる費用の一部で治療を受けることが
できるため治療費を少なくすませることができます。一方、健康保険が適応されていない
治療においては全額自己負担の自費診療となるため、金額の差が大きく非常に高額な
印象をうけるかと思います。
しかし、自費診療では保険診療のような制約がないため、一人一人の症状に適した素材を
使用し、高度な技術と共に十分に時間をかけた治療をご提供することができます。
当医院では、選択肢の1つとして自費診療のご提案をさせて頂いております。

素  材

使用する素材により、美しさ・安全性・耐久性が異なります。

保険診療では銀色の銀合金という素材が利用されます。
一般的に最もよく使用される素材ですが、金属が固いため対合歯が痛んだり、金属アレルギーの症状が出ることもあります。
一方、自費診療で使用される素材は安全で、ゴールド(金とプラチナ)は硬さも本来の歯に近く、奥歯など大きな力がかかる歯には最適です。また、セラミックを使用すれば、自分の歯と同じ色で透明感のある美しい歯に仕上げることができ、変色もありません。

入れ歯の場合、保険診療ではプラスチック製のやや厚いものしか作れませんが、自費診療では見た目や安定性、耐久性を考え、複数の中からあなたに合わせた入れ歯を選択します。発音がしやすく異物感の少ない入れ歯は、食事を美味しく食べることができます。

精  度

精度が高いほど、虫歯と歯周病の原因となる汚れ(歯垢)がつきにくくなり、
歯を長く保たせることができます。

保険診療は、限られたコストで治療を進めなければならないため、治療に使用できる材料や時間に制約があります。
一方、自費治療は、その制約がないためより精度のよい治療を行うために、時間と手間をかけ、治療過程で使用する材料や機器も保険診療のものとは異なるより優れたものを使用することができます。

その結果、完成した治療の精度が出ます。
自費:精度が高い
保険:隙間に汚れが付着しやすい

患者さん一人ひとりに合った"健康"で"豊かな気持ち"を保てる歯、
そしてご自身が納得される治療を提供したいと考えております。ぜひ、お気軽にご相談ください。