メタルセラミックスとオールセラミックスの違いについて

 

保険治療
 

優れた点

保険により安価

奥歯の場合、自費の白色の歯の治療に比べて歯の削除量が少ない

奥歯の金属は強度がある

考慮すべき点

前歯(プラスティック)は磨り減りやすく、吸水による変色がある

奥歯は金属色

金属アレルギーのリスク

適合・抗う蝕性の点で自費治療より劣る

メタル・セラミックスによる治療
 

優れた点

天然歯に近い色調

保険の前歯の素材(プラスティック)と比較して、強度がある

プラスティック・金属と比較して、プラークが付きにくい滑沢な表面構造

良好な適合

考慮すべき点

高価

歯茎が下がった場合、金属の黒いラインが出てくる

金属アレルギーのリスク

オールセラミックスによる治療
 

優れた点

金属を使わないため、歯茎が黒くならない

メタル・セラミックスよりもさらに天然歯に近い色調

金属と同等の強さ(酸化ジルコニアは別名「白い金属」と言われている)

プラークが付き難くい滑沢な表面構造

高い生体親和性

考慮すべき点

他の被せ物に比べて歯牙の削除量がやや多い

高価