審美義歯(バネの見えない入れ歯)

審美義歯とは?

審美義歯は今までの入れ歯とは違い、金属のバネの部分が歯茎と同じ色になっているので、見た目に入れ歯を入っていることが分かりづらくなっています。そしてまた、見た目の美しさだけでなく、機能性や快適性をも備えるため、裏側に薄くて丈夫な金属を施してあります。本当に見た目が綺麗なため、入れ歯と気付かれないほどお洒落な入れ歯です。

審美義歯の特徴
良い点
金属の維持装置が外から見えないために、審美性に大変すぐれており、見た目が綺麗で入れ歯だと気づかれません。
   
適度な弾性があるにもかかわらず粘り強さがあるため、装着時の違和感が少ない。
   
材質は熱可塑性樹脂で生体為害作用なく、無味・無臭。
   
材料に吸水性がほとんどないため、汚れ・臭いの発生が少ない。
   
多少の修理は歯科医院で簡単に行える。
   
考慮すべき点
入れ歯の製作工程が通常の入れ歯より複雑であるために出来上がるまでに日数がかかる。