治療の流れ

 

1

応急処置、主訴の解決


 

2

今後の治療に対する希望を教えていただきます


 

3

歯周病の検査、レントゲンの撮影、模型の採取により、治療計画を立案します


 

  

4

担当の歯科医師によるカウンセリング

カウンセリングの時間を十分にとってご予算、治療期間、治療内容等を入念に話し合い今後の方針を決めていきます。

5

初期治療

根の治療や、虫歯の歯を仮歯へ置き換える暫間的な治療と、歯周初期治療を行います。

当院の初期治療に対する配慮

歯周初期治療:プラーク(歯垢)コントロール・ルートプレーニング、歯肉のチェック、食生活指導、咀嚼能力測定等々を行います。

 

当医院ではこのステージを『患者さんが自ら治す環境作りの場』と考えています。

 

 1.プラーク(歯垢:歯の汚れ)コントロール

 2.ルートプレーニング

※ルートプレーニングとは、プラークコントロールでは手の届かない歯茎の下の沈着物を除去することです。ルートプレーニングによってすべての細菌を100%根面から除去することはできませんが、患者さんの身体が抵抗できるところまで細菌を除去し、その結果歯周組織が正常な機能に 戻ることを期待してルートプレーニングを行います。つまり、ルートプレーニングの意味とは、「生体のもっている治癒力が発揮されるように口腔内の環境を整えること」であると考えています。

 

 3.歯肉のチェック、食生活指導、咀嚼能力測定等々


 

6

全体的な治療

歯周外科・矯正・インプラント・審美治療などを行い、お口全体を美しく、咬めるようにしていきます。

当院の全体的な治療に対する配慮

 1.一つ一つの治療の精度に対するこだわり。

もしも、私達の治療によって、失われる可能性のある歯が守れるとしたら、私達は全力をもってその歯を守っていきます。そして、その積み重ねが、お口全体の長期的安定につながり、安心して咬むことのできるお口の環境を創り上げます。一つ一つのの治療が最良の結果を生むためには、まず土台となる基本的なことを確実に積み上げていく必要があると考えています。

 2.歯の根の治療や、歯周病の治療はすべての治療の土台

歯科医師にとって歯の根の治療や、歯茎の治療は、皆様が朝歯を磨くのと同じくらい当たり前にやっている治療です。その当たり前を毎日注意して気を使いながら行えるようにするために、私達は症例検討会やミーティングを通じて、治療の精度にこだわり、常に安定した治療を行えるような環境づくりをしています。

 3.被せ物の治療は1日でも長く持つように心がけています。

当医院では、なるべく歯を削らないようにするために予防歯科に力をいれ、皆さまの歯とお口の健康を守っていくことを基本理念にしていますが、歯を削らなくてはいけなくなった場合は、最小限の治療で最大限の効果が 得られるように心がけ、歯を削る量を抑えています。そのためには日々進歩していく歯科医療と、今まで歯科医療がつちかってきた基本的な治療の両方を学ぶことによって、患者さんに最新で最良の治療が提供できると考え、
当医院では、スタッフ全員が偏ることなく、広く深く常に学ぶ姿勢をもつようにしています。

 4.全体的な治療に必要なこと。

  • なるべく歯を抜かないこと。
  • 歯を残すことに汗をかくこと。
  • 歯が抜けないように予防すること。
  • 虫歯にしないこと。歯周病にしないこと。
  • できるだけ削らないこと。できるだけ神経を取らないこと。
  • いつも最高・最善の処置方針を立てる心構えをもつこと。
  • 全体を診る視点を持った診断・処置方針をたてること。

7

メインテナンス

治療で治ったお口を維持していくためには、これからの ケア(予防処置)がとても重要な鍵となります。