審美治療コラム

「歯の形が悪くて口を笑う時に気になる」
「色が変色してしまった」

などなど、自分の歯に対する悩みを密かに抱いている方は多いのではないでしょうか?
自分の歯が白く美しく、歯並びも綺麗だったら、自分に自信が持てますよね。
もし、思いきって歯科医院に通って治療するのであれば、審美的により綺麗な仕上がりで安全なものを期待するのはとても自然なことです。
歯を治療する時、歯に詰め物をしたいり、何かをかぶせたりするわけですが、その材質を何にするかで機能的にはもちろん見た目も大きく変わってきます。
機能的にも審美的にも優れている「セラミック」を使う方法が注目されています。


●セラミックとは?

セラミックとは陶器のことで、メタルセラミックのような金属を一切使わずに陶器のみで作ったかぶせものや詰め物のことを「オールセラミック」といいます。
オールセラミックの治療方法としては、土台となる「フレーム」とそれにかぶせる表面部分がすべてセラミックの「オールセラミッククラウン」、セラミックだけで作られた詰め物(インレー)をさす「オールセラミックインレー」などがあります。


●オールセラミックの特長

・ 見た目がキレイ!
セラミックの最大の特徴は、なんといっても見た目が本物の歯のようにキレイなこと。
鏡をのぞけばお分かりいただけると思いますが、元から生えている歯はよく見ると全部が真っ白であるわけではありません。
歯茎に近い部分と歯の先端は微妙に色が異なり、先端の部分は少し透明がかっています。
オールセラミックなら、他の素材に比べて自然の歯のような色調と透明性を実現することができるのです。

・カラダにやさしい
歯に金属をかぶせたり、詰めたりすることがありますが、金属が溶け出していって体内に蓄積され結果、金属アレルギーが発症する恐れがあります。
セラミックはアレルギーの心配のないカラダに優しい素材なので、安心して使うことができます。

・耐久性に優れている
「セラミックって要はお茶わんだから割れちゃったりするんでしょ?」と心配する方がいるかもしれませんが、セラミックは非常に丈夫な素材です。
金属やプラスチックのように劣化することはありません。
また、色が変わりにくいことも特長で、素材自体はもちろん、金属を使用した際に起こる歯茎の変色もありません。


●オールセラミックのデメリット

機能的にも審美的にも優れているオールセラミックですが、治療が保険診療の対象となりませんので、自費診療になります。
とはいうものの、優れた点が非常に大きいので、もしオールセラミックで歯の治療をしたいのなら、まずは、かかりつけの歯科医に納得のいくまで相談することをおすすめします。

トップページへ

誰もが憧れるキラリと光る白い歯。
それだけで女性でも男性でも魅力がアップすることは間違いないでしょう。
「歯を白くしてほしい」と相談される方はたくさんいますが、歯の「ホワイトニング」と「クリーニング」について混同している方が多いようです。
ここでは歯の「クリーニング」について説明します。

歯の「クリーニング」とは文字通り歯のお掃除のことです。
ちなみに「ホワイトニング」は漂白です。
歯には、通常の歯磨きではとれない汚れがついているので、放っておくと虫歯や歯周病の原因になる歯石や歯垢がついてしまいます。
歯の基本的なクリーニングでは、「スケーラー」という先端がとがった器具を使って歯と歯茎の間の歯垢や歯石を取り除いていきます。
これをやるだけでかなりすっきりしますし、「こんなに歯茎の間に歯石があったのか」と驚かれる方もいらっしゃるでしょう。
さらにつやを出したい方は「PMTC」(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)がおすすめです。
歯垢だけでなく、たばこのヤニやステインも取り除くことができます。
「PMTC」では、研磨剤と専用のブラシを使って歯を磨いたあと、デンタルフロスなどを使って歯と歯の間をお掃除します。
その後、虫歯になりにくくしてくれるフッ素を塗布して完了です。
定期的に歯のクリーニングをすることは、虫歯や歯周病予防の非常に有効な手段です。
ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

トップページへ

「あれ、毎日は磨いてるのになんでこんなに黄色くなってるんだろう」なんて思ったことがある人は多いのではないでしょうか。
白く美しい歯は誰にとっても憧れ。逆にどんなに歯並びがいい美人さんでも歯が黄ばんでいたらがっかりしますよね。
ではなぜ歯は変色してしまうのでしょうか?
その主な理由について説明しましょう。

①色素
色の濃い飲み物や食べ物を好む方は、歯に色素(ステイン)が付きやすくなります。
これは、飲食物の色素なのですが、一度ついてしまうと、普通のブラッシングでは落ちません。
色素がつきやすいものとしてはコーヒー、紅茶、緑茶、赤ワイン、コーラ、ココアなどの飲料のほか、カレーライスやケチャップ、合成着色料を使った食品が代表的。
たばこや葉巻も着色の原因になります。

②加齢
人間は年をとるとカラダが全体的に老化していきます。
歯も例外ではありません。歯の象牙質はもともと黄色なのですが、加齢とともにその色が濃くなります。
そして日々のブラッシングや咬耗などで、象牙質を覆うエナメル質が薄くなり、象牙質の色が透けて見えてきてしまうのです。

これら2つが原因の場合は、歯のクリーニングやホワイトニングできれいにすることができます。

③神経がない
虫歯が原因で「神経をとる」のはよく聞きますね。
本人が気づかないうちに歯の神経が死んでしまうこともあります。
そういった歯は、特に「神経が死んでしまった歯」は時間がたつにつれて内側から黒ずんでいきます。
この場合は、オールセラミックやメタルボンドなどのかぶせ物をする治療が必要になります。

変色の理由がわかれば、治療方法も変わってきます。
必要以上に強くブラッシングする前に、まずはかかりつけの歯科医に相談してみましょう。

トップページへ

日本人と欧米人では、「歯」に対する考えが大きく違います。
昔から日本では、口元は隠すものと考えられてきました。
笑う時に口元を隠すしぐさもその考えがベースになっています。
一方、欧米では歯を見せて笑顔で接することは大事なコミュニケーションの1つと認識されてきました。
必然的に歯並びに対する関心は高くなり、虫歯はもちろんのこと、歯並びや歯の色にこだわりを持っている人が多いものです。
ハリウッドスターやモデルから政治家、ビジネスマンに至るまで、欧米で成功した人の中に歯並びの悪い人はいないと言われるのはこういった背景があるからなのです。
歯の美しさは最低限のマナーであり、自分は歯に気を使っている知的な人間であるというアピールにもなるのです。

逆に日本では、美容や健康に関しては関心が高く、サプリメントやダイエット器具や注目を浴びているのに、歯並びに対しては関心を持たれてこなかったようです。
でも、もし美しくキレイな歯並びを口元が手に入れば、笑顔も魅力的になり気持ちも若々しくなると思いませんか?
また良い歯並びになればよいかみ合わせもよくなり正しい咀嚼もできるので、カラダの中から健康になることもできるのです。
歯並びをよくすることは見かけだけでなく、内面から美しく、そして健康になることと大きく結びついているのです。

トップページへ

審美歯科を美容目的のみだと理解している人は、決して少なくはありません。
確かに、審美歯科で治療した歯や歯並びは格段に美しくなるため、見た目を良くするための治療法だと思うのも当然ですよね。
しかし、審美歯科の目的は外見だけに特化したものではなく、正常なかみ合わせを作りだすことで、健康の改善にも役立つことが分かっています。
基本的に、咬み合わせは健康と密接な関係にあるため、咬み合わせが悪くなってくると偏った筋肉の緊張が起こってきます。
これにより筋肉に悪影響を及ぼすことになり、咬めないことから健康の乱れまで引き起こす恐れも出てくることがあるのです。
その点、審美歯科の治療によりかみ合わせを正常に持っていくと、筋肉のバランスが整ってくるため、「良く噛めるようになった」「など、おのずと健康面にもメリットが出てくるようにもなってきます。
費用面としては実費となるものの、最近では独自のローンやクレジット払いが可能な医院も多いため、これらを上手に活用することで10年20年を見据えた美容と健康を考えていくことをおすすめします。

トップページへ
1  2  3  4  5  6  7